スペインタイルアート工房HOME

seitosan

line


[2006年3,4月号]
スペインタイルアート工房に通われる生徒さんの作品や
展覧会、イベント等の様子等をこちらでご紹介します。

今月は東京教室の生徒さんの作品をご紹介します。
(隔月末更新)



[名前]
 N.Sakate(講習歴5年)

[苦労した点]
 
重ね塗りしたエンゴーベの上から模様を削り出す時に、ポロッと欠けたりしないように注意しながら削った点と、できるだけ自然な線を書こうとした点

[コメント・感想]
 大好きなギリシャ神話からモチーフをとったデザインだったので、とても楽しく作ることができました。作品の制作には時間がかかりなかなかうまくできないのですが、焼き上がった作品はいつもうれしく思って見ています。





[名前]
 D.Nakamura(講習歴2年)

[コメント・感想]
 ボクはピッツァ職人をめざしていますが、将来、沖縄で海の見えるお店でオジーになるまでピッツァを焼いていたいと思っています。店の命ともいえる薪窯のタイル装飾は全て自分の作品でやるつもりです。店の中には自分の世界を表現したいと思ってます。そのために日頃、わがままを言いカリキュラムもほとんどせず工房に通い自分のつくりたいものばっかり作らせてもらっています。まだまだ先は長いのでのんびり作っていくつもりです。協力してくださる先生方、たまに机を動かして迷惑をかけている僕の横に座るみなさんに感謝です。





[名前]
 S.Watanabe(講習歴2年)

[苦労した点]
 トランプの数字が細かいので、一度目は水彩で描きましたがかすれてしまい、二度目は黒のみオイルで描いてなんとか仕上がりました。

[コメント・感想]
 教室には素敵な作品がたくさん飾ってあり、次々と作品を制作していけるので、毎回とても楽しみにしています。




[名前]
 M.Sugano(講習歴5年)

[苦労した点]
 墨がどうしても薄くなってしまう事、線の太さを思うように調整できなかった事


[コメント・感想]
 製作中は失敗を重ねて一からやり直したくなる事がよくありますが、先生から指導や励ましをいただいて形にする事ができました。これからも、色々な夢や想いをタイルにして焼いていきたいです。






backnumberbotan2.gif


このサイト内の写真、文章の無断転載を禁じます。

ページの頭に戻る


スペインタイルアート工房HOME