スペインタイルアート工房HOME

様々なタイルの技法

line



レリーフタイル

 主に中世のイギリスで盛んに作られたタイル。
 焼成前に石膏型などで凹凸をつけ釉薬をかける。 凹部分に釉薬がたまるため、1色の釉薬でも濃 淡が出て独特の雰囲気をかもし出す。
レリーフタイル 作り方 写真
レリーフタイル 写真

スグラフィートタイル


 焼成前にタイルの素地と違った色のエンゴーべ (化粧土)をぬり、乾いてからエンゴーベを削 って模様をつける。焼成後は削った部分だけ素 地の色がでる。中世のイギリスで作られたタイル。
スグラフィートタイル 作り方 写真
スグラフィートタイル 写真

クエンカタイル

 13世紀頃からクエルダセカタイルに先がけて スペインで作られたタイル。
 素地に凹凸をつけたり、デザインの輪郭線を 掻き落としたりして、釉を流す際に隣あっ た釉が混じらないようにする。

クエンカタイル 作り方 写真
クエンカタイル 写真

チューブライニング技法

 細く絞り出したエンゴーベで模様の縁を描き、 乾いた後その中に釉薬を流し込んで絵付けしていく。
チューブライニングタイル 作り方 写真
チューブライニングタイル 写真

このサイト内の写真、文章の無断転載を禁じます。

ページの頭に戻る

 

スペインタイルアート工房HOME