スペインタイルアート工房HOME

2017.4〜5月 スペイン 邸宅のタイル巡り
line

 東京教室の生徒さん、MMさんによる旅行記です。
 「コルーニャ旅行記(2009年)」「アラゴン旅行記(2011年)」「スペイン・ポルトガル旅行記(2013年)」「スペイン旅行記(2015年)」に続いて5度目のタイル旅行記です。
 5回連載でお届けします。どうぞお楽しみください!

 

更新履歴  1回目 ガンディアの公爵邸 2017.6.29 up
 2回目 塔の街 エシハ 2017.7.11 up
 3回目 セビリアの2つの宮殿 2017.7.24 up
 4回目 サンルーカル・デ・バラメダ 2017.8.8 up 
 5回目 プルジェナとグラナダ 2017.8.21

今回の旅のメインテーマは「邸宅のタイル」です。

第1回「ガンディアの公爵邸」

ガンディアの公爵邸

 スペイン第三の都市バレンシアから、南へ70キロ。人口約75,000人の街ガンディアへは
 バレンシアに宿泊し、電車で1時間かけて行ってきました。
 この街にはタイルが素敵な邸宅「ボルハ公爵邸 (Palau Ducal Dels Borja)」があります。

 

ボルハ公爵邸

 14世紀に建てられ、イグナシオ・ロヨラで有名なイエズス会の総会長も務めたフランシスコ・ボルハ公爵の生家で、その後イエズス会が所有して修復しました。一部を一般公開しています。


公爵邸の道に面した入り口 


入り口を入ると中庭が。中庭からみた建物外観。

 


中庭にあったタイル。
絵タイルと緑のタイルの組み合わせが新鮮でした。
こういう組み合わせ方もあるのかと勉強になります。



大きなサロンです。
壁下全面に透明釉の緑を基調としたクエンカタイルが張り付けられています。
緑がとても気品があり素敵でした。
壁毎に少しずつ模様が違ったりしています。 


サロンの窓には椅子のようなところが。
ここから外の景色を眺めていたのでしょうか?


サロンの床には部屋をぐるっと一周、
写真のようなタイルがありました。
やはり人が歩くので床は痛みが早いのでしょう。
新しいタイルになっていました。
プリントタイルのようで残念。

 

寝室のようです。
やはり床にタイルがアクセント的に入っています。

 

わたり廊下のような空間に、15世紀から18世紀の間に宮殿のサロン等に飾られていたタイルがまとめて展示されています。
このような展示も面白いですね.

 



 

右の写真の王冠模様と角のような5本のタイルは
サロンの床にあったものと同じです。
もしかしてこのタイルが以前床に張り付けられていたのかもしれません。

この2つの模様の説明を聞いたのですが、失念してしまい残念です。
紋章ではないとのこと。
何かのシンボルマークのようなものだとは思います。
他の部屋にもこの2つの模様のタイルはありました。




15世紀の床タイルで、この部屋は立ち入り禁止でした。


別の部屋の床タイル。部屋の中央部分にありました。


壁のタイルの色の使い方が面白い。茶、白、緑、絵タイルの4つ。


この邸宅の最も古い部分とのこと。模様が変わっています。

 

2階の外観。
とても素敵な模様が描かれています。
各部屋の窓の上にある青い小さい屋根も印象的です。


この青い屋根の下には小さなバルコニーがついていて、
そこにも絵タイルが描かれていました。
とても綺麗な模様のマヨルカタイル。バルコニーによって模様も違っています。

最後の見学場所は、黄金のギャラリーと呼ばれた場所。
華やかに黄金に装飾された入り口から
5つの小さなサロンが一直線に並んでいます。

 


1番目から3番目までのサロンにはタイル装飾はありませんが
4番目の部屋の床には大きくて華やかな
マヨルカタイルがありました。
損傷を防ぐためか、分厚い透明のビニールマットが
かけられていたため、模様が不鮮明に写っています。

 


そして一番奥、突き当りの5番目の部屋。
ここのタイルが目的で、この邸宅まできました。
床全面(端から端まで全部)がマヨルカタイルです。

全面マヨルカタイルというのはもちろん初めて見ました。
マニセス産とのこと。
3方に窓があり明るくてよいのですが
写真が光ってしまい、うまく撮影できませんでした。

中央から放射線状にタイルが広がっています。
四大元素(地水火風)を表しています。
もちろん立ち入り禁止で、入り口にロープが張られています。


 

★ガンディアの街


この街の通り名のタイルは、華やかな多色のマヨルカタイル。
額縁のようなものもお洒落ですね。

街の広場に面した教会


お店やさん(お酒類?)のタイル

 


同じお店、庇の下にも華やかなタイル。
よく見ると灯りにもタイルが入っています。


この川べりに公爵邸が建っています。


途中駅のホームの写真。
このあたりはオレンジの一大生産地で
駅のホームぎりぎりまでオレンジの木が植えられていました。

折角1時間かけてガンディアまで来たので、
ガンディアでランチすることにしました。
写真はレストランの外の壁にあったソカラトタイル。
バレンシア地方はソカラトタイルも有名です。
お鍋からでている湯気のようなものが、
公爵邸のタイルと同じような気がします。

バレンシア地方はお米料理、特にパエリアが有名ですが、
私は以前からずっと食べてみたかった料理を注文しました。
Arroz Meloso de Bogavante (ロブスターの柔らかいご飯) です。
美味しかったです。満足!


レストランの中はモダンな感じでしたが
棚の上にワインの瓶とソカラトタイルが お洒落に飾り付けられていました。
スポットライトまであたっています。こういう飾り方もあるんですね。

 


 

第2回「塔の街 エシハ」

塔の街 エシハ

 アンダルシアの州都セビリアから東へ84キロ、バスで約1時間余りの人口約40,000人の街です。

 エシハには11もの塔があり「塔の街」と呼ばれています。
 またレンガやタイルなどあらゆる種類の材料を使い、独特の色付けをした建物は「エシハ様式」と呼ばれています。
 
 この街には数多くの教会、修道院、貴族の邸宅などが残されています。
 観光地図に掲載されているもので、70か所。それ以外にも紋章付きの建物がいくつもありました。
 「古い邸宅にはタイルあり」ということで訪れました。

*写真の日付けが2018年になっていますが、設定間違いです。

 

★サンタマリア教会

 18世紀に建てられました。
 エシハ観光局のHPに掲載されていた教会内部の写真をみて、エシハに行くことにしました。
 以下のページにその写真が載っています。ぜひご覧下さい。(2017現在)
 http://www.turismoecija.com/que-ver/iglesias.php IGLESIA DE SANTA MARIA


内部は暗くてこれ以上明るく撮るのは無理でした。
教会の内部にシャンデリアの照明があるのは珍しいと思います。
現地で実際に見てみると壁の下から1メートルほどがタイルで、
それより上と天井の部分はタイルではなくて絵画でした。
でもタイルと色が合っていて、圧巻でした。


下のタイル部分のアップです。

 

★PALACIO DE JUSTICIA (パラシオ デ フスティシア)


 PARACIOとは宮殿や大邸宅を意味します。
 ここはアルハンブラ宮殿の装飾を元にした邸宅。
 セビリアのトリアナ地区で作られたタイルを使用しています。

 現在は警察関係で使用しており
 見学できるのは1Fの中庭と2Fへの階段、天井、
 1Fの事務室のようなところのみです。


中庭のアラブ風アーチ。


アーチと天井の装飾が素晴らしい。 


中庭の壁のタイル。色々なデザインのタイルが組み合わさっています。
1番上にある、アラブの文字のようなタイルも細かい。

階段の壁のタイル、金色に輝いています。ラスター彩を使用しているかもしれません。すごく豪華な空間でした。
ここまでラスター彩?をたくさん使用しているタイルは初めて見ました。デザインもとても細かいです。

 

1Fの事務室のようなところです。
受付にあったクエンカタイル。



事務室のようなところの壁にあったクエルダセカタイルです。
黄色が非常に美しくため息が出るほどでした。

 

出入り口の内側上部をとったものです。
他にもいくつか部屋があるようでしたが
一般公開されていません。
きっと他の部屋にももっとタイルがあると思いました。
見ることができなくて残念です。



 

★宿泊したホテル


宿泊したホテルも邸宅を利用しています。
部屋毎に内装が違っていますが
私はアルハンブラ宮殿をモデルにした部屋を
リクエストしました。

もらった部屋の鍵をみて
あまりにも古い感じでびっくりしました。


私が宿泊した部屋の木の扉です。
邸宅の入り口を入り、パティオ、サロン、
パティオの順番で通り、その先にありました。
邸宅の作りも興味深かったです。

 


木の扉には、部屋の名前が陶器で作られていました。
私の部屋はグラナダです。
各部屋には数字ではなく全部違う名前が付けられていました。


寝室には、アラブの装飾アーチがあります。


洗面台にはグラナダのアルハンブラ宮殿と同じタイルがありました。

シャワールームにもタイルと
アラブの装飾アーチがありました。

 


ホテルのパティオにあった、塔の絵皿です。

 

★街なかのタイル


 邸宅の入り口です。入り口の右に建物名のタイルがあります。
 かなり大きく立派な邸宅でしたが、写真でもわかるように
 カーテンがかかっており、現在はファミリーの方が住んでいるので
 外観のみしか見ることができません。内部には古いタイルがありそうです。

 エシハの古い邸宅、教会、修道院などの建物には
 建物名と世紀が記載されたタイルプレートが壁に貼られています。
 下のプレートはそのアップです。


聖母マリアやキリストの絵タイルが多く見られます。


一般のお家のタイル。黄色は珍しいと思います。現代風なタイルです。


市場の入り口にあったタイルベンチ。


お菓子やさんの入り口にあったクエルダセカタイル。
「Yemas」は砂糖と卵黄で作ったお菓子です。
食べましたがとても美味しかったです。


入り口のタイル。上部に人が描かれています。
この邸宅に関する人物を描いているのかもしれません。


一般のお家のタイル。人魚の絵が珍しいと思います。


お花屋さんの看板クエルダセカタイル。
白い壁に白い背景のタイル。


立派な紋章のクエルダセカタイル。


どこかの教会にあったタイル。右はフレームも陶器でできています。

 


一般のお家のタイル。ここのタイルは個性的だと思います。
通常は壁の下部1メートル位を模様タイルで敷き詰めるのですが、
この御宅は茶色のタイルの中に物語風なタイルを点在させています。
しかもすべて絵柄が違います。

右のタイルはそのアップです。



 

★エシハの壁装飾
  タイルではありませんが、外壁や屋根の庇の下の部分に絵が描かれている邸宅がいくつかありました。


中でも圧巻な邸宅は、PALACIO DE PEÑAFLOR(パラシオ デ ペニャフロール)。
この邸宅を見るのを楽しみにしていました。
この邸宅は18世紀の建物で1958年までファミリーの方が住んでいたそうです。
湾曲して道なりになんと50メートル以上もあり、見事なフレスコ画が描かれています。
こんな大きな邸宅、維持するのも大変だと思います。この建物も残念ながら非公開でした。
   内部はどんな作りになっているのか、古い邸宅だからきっとタイルがあるはずだと思いました。 

他にも美しい絵が描かれている邸宅が幾つかありました。



私が宿泊したホテルの外壁にも同様の絵が描かれていました。

 

★十字架祭り

 

私が訪問した時は丁度
CRUCES DE MAYO(クルセス デ マヨ)=5月の十字架祭り
が開催されていました。
初めて見られてとてもラッキーでした。

写真は今年の4月29日から5月7日まで、
お祭りを開催するとあるポスター


美しく飾られた十字架があるお家には、
目印として赤い旗のようなものが掲示されています。


殆どの十字架が写真のように
鉄格子の中のパティオに飾られています。



 

美しく飾られた十字架の写真を数枚ご紹介します。
鉄格子の間から写真をとりました。

左の写真は、後ろの黄色のキリストのタイル画の
前に飾られた十字架。

花や布で飾られた十字架、
飾り方も様々で見ていて楽しかったです。 

 

★エシハの塔


広場から見えた塔。


サンタマリア教会の塔。青のタイルでの装飾がきれい。


ホテルのパティオから見えた塔。やはり青の装飾が美しい


赤の装飾が鮮やかな塔。



赤と青の装飾がある塔。


何の装飾もない塔ですが、スペインの青空に映えます。


よく見ると絵タイルがはめ込まれています。
塔のてっぺんにはコウノトリの巣が見えます。


塔ではありませんが、青の瓦と装飾が美しいです。

 

エシハで食べた料理を紹介します。
市場の中のレストランで食べました。
アンダルシアでよく食べられる
salmorejo(サルモレホ)です。

ガスパチョは冷製の野菜スープですが
サルモレホはトマトで作り、ガスパチョよりも
どろっとしてクリーム状になっています。

上にはゆで卵と生ハムを刻んだものが
トッピングされています。
濃厚な感じなので、これだけでかなり
お腹いっぱいになります。 

 


 

第3回「セビリアの2つの宮殿」

セビリア

 アンダルシアの州都で人口70万、スペイン第四の都市。
 ツアーでよく訪れる観光都市としても有名です。

 今回の目的は、2つの邸宅(宮殿)のタイルを見ることでした。

★レブリハ宮殿

 まず1か所目がPALACIO DE LEBRIJA(レブリハ宮殿)です。
 2年前にセビリアを訪れた時に時間が合わず行かれなかったので今回は1番先に訪問しました。

 レブリハ宮殿は16世紀に建築されました。
 レブリハ伯爵夫人はあちこちから陶器、タイル、絵画、モザイクタイル等を取り寄せて自分の宮殿を飾りました。

 1階は自由見学で写真撮影可でしたが、2階はガイド付き見学で写真撮影は不可でした。
 2階の緑のサロンの緑に統一されたタイルが素敵でしたが、2階には全体的にタイル類は少なかったです。



パティオです。アラブ風のアーチと壁にはクエンカタイル。
  エシハでみた邸宅と同じ形式です。

タイルを使用した階段で圧巻です。
これが見たくてこの邸宅を訪問しました。


階段の踊り場のタイルです。


サロンのタイルです。

夏の食堂と名付けられた部屋。青系で統一されています。
  とても涼し気な印象でした。

 

「夏の食堂」の床タイルです。


天井まで陶器で飾られていました。


割とシンプルな階段のタイルもありました。

 

クエンカタイルを集めて植木鉢にしたようです。
右下の矢印模様のタイルが面白い

 

★ラスドゥエニャス宮殿

 2か所目は、LAS DUEÑAS(ラスドゥエニャス宮殿)です。
 2014年に88歳で亡くなられた、スペインで最も財産家の貴族 アルバ女公爵の宮殿の一つです。

 アルバ女公爵は40以上もの爵位を有し、スペインの北の端から南の端まで自分の土地を外れずに行けるとまで言われていました。
 もちろんグランデです。グランデとは国王の前で脱帽、起立を免除されている特権を持つ家柄です。
 スペインのマスコミにも度々登場されていたので 日本でもご存知の方はいると思います。

 そんな彼女の所有する宮殿の一つで500年以上の歴史を持つセビリアの宮殿が
 昨年2016年3月から一般公開されたので、訪問するのをすごく楽しみにしていました。

 


入り口にあった紋章?タイル


広大な敷地の中に木々や花々が咲き誇る庭園、パティオ等があります。
  今までみた邸宅(宮殿)とは規模が違います。
建物に花々がきれいです。


クエンカタイル

噴水のタイル


陶器には、LAS DUEÑASと書かれています。
直訳すると女主人といったところでしょうか。
この文字が書かれた陶器は結構ありました。

 


アルバ女公爵の彫像や写真が飾られていました。


部屋の中です。壁にはクエンカタイルがあります。
殆どの部屋にありました。


パティオの通路にも花がきれいに咲いていました。

 

 

外の庭園部分は緑がきれいでした


パティオに黄色のアーチが生えます。


中央の噴水部分にクエンカタイルがありました。


ベンチも置いてあり、一休みすることも可能です。


古そうなクエンカタイル。青緑色がとても素敵でした。


青がメインの壁タイルは、この邸宅の中では珍しかったです。


天井のクエンカタイルです。細部まで凝っています。


階段のタイル。
真ん中の模様は今までに見たことがない模様でした。


床タイル。定番の模様です。

 

立体の陶器飾りです。


割と新しいクエルダセカタイルに見えました。日本のデザインに思えます。左側は形も面白いです。

 

今回の旅では邸宅のタイルをたくさん見てきたので、この宮殿にも
部屋の床や壁のタイルはありましたが、もうお腹いっぱい状態?で殆ど撮影しませんでした。

その代りに新鮮に映ったのが植木鉢。他の邸宅にはないものです。
色々なデザインや形があって、興味をもちました。


クエルダセカの植木鉢。
とても鮮やかですが、立体物は釉薬が流しにくくないのかと思いながら見ていました。

青の植木鉢。左はとても変わった形です。

多色マヨルカの植木鉢6種。
アイアンの土台の上に置いてあると、人の目線に入りやすく存在感が増す気がします。
サボテンの植木鉢は、私が特に気に入ったデザイン。
 サボテンが生き生きと描かれています。庭園にもサボテンがありました。


紺色の凹凸があるデザイン。


かなり個性的な植木鉢。
ツボ本体が不思議な色をしています。


ブロンズの色が変わっています。
でも植えられている植物の
流れるような縦のラインと合っています。

 

第4回「サンルーカル・デ・パラメダ」

 アンダルシアの州都セビリアから南へ約100キロ。バスで約1時間余りの人口約67,000人の街です。
 この街はグアダルキビル川の河口にあり、辛口のシェリー酒「マンサニージャ」が有名です。



★メディア・シドニア公爵宮殿

 

 タイルが素敵な公爵の邸宅 メディア・シドニア公爵宮殿(Palacio Ducal de Medina Sidonia)に泊まりました。メディア・シドニア公爵もグランデの家柄です。

 この宮殿は観光客向けにガイドツアーも行っていますが、ガイドツアーで見学できるところは残念ながら撮影禁止でした。


ホテル外観



朝食をとった食堂です。
今までの邸宅と大きく違っていたのは、壁のタイルが古いクエンカタイルではなかったことです。予想が大きく外れました。
マヨルカで恐らく近代のものではないかと思いました。でもクラシックな感じで素敵でした。



ホテルの中庭はよく手入れされていました。ここでお茶をすることもできます。鳥の声もしました。
  古いタイルを壁に貼り付けたベンチがありました。

ホテルのサロン。ここでもお茶を楽しめます。
壁にやはり古いタイルが張り付けられています。
かつて邸宅のどこかで使われたタイルでしょうか?


入り口の下の部分にはクエンカタイルがありました。


サロンのタイル。


上から2段目の一番左端のタイル、ユーモアがありますね。


サロンにあった凹凸がある陶器の作品です。


ホテルの部屋の入り口の階段です。
扉の左の壁にタイルがありました。


そのタイルのアップ


 部屋の浴室です。今までスペインで宿泊した中で1番広い浴室でした。
 浴槽とシャワーブースが別にあり、部屋にあるような大きな窓が3つ、
 しかも天井にはシャンデリアがありました。寝室にもなるような大きさで本当にびっくりしました。
 そして壁一面にタイルが。ここのタイルも食堂と同じ近代のマヨルカタイルです。
 柄に統一感がなく、色々混ざって貼られているのが面白いですね。



 

ホテルの階段にあったタイル。

 

★オルレアン ボルボン宮殿(Palacio de Orleans-Borbon)

 モントペンシエル公爵の別荘として19世紀に建てられたネオムデハル様式の建物で、現在は市庁舎として使われています。
 ネオムデハルとは、19-20世紀にかけて建てられたレンガを使ったアラブ風の建築のことです。 


玄関。アラブ風のアーチが目を引きます。
とても市庁舎とは思えません。

 


2色の壁が印象的で、色々な形の窓があります。

 


個性的な窓。周りの装飾もきれい。


アラブのアーチとタイルの窓。


庭にあった、塔のようなものとそのアップ。タイルが見えます。  


入り口。上部のアーチの内側の装飾がとっても美しいです。
  アーチの下部はタイルです。


真正面から撮影するとこんな感じです。


天井の装飾です。


玄関入ってすぐのタイル

これだけのお屋敷ですから、建物の内部にもきっとタイルがあると思います。
この奥にある中庭まで見学できたようでしたが、これより先に進む勇気?がありませんでした。

 

★BODEGA

 この街には、マンサニージャの醸造所(BODEGA)がたくさんあります。


醸造所のタイル


こんな感じの樽が街のあちこちで見られます。


醸造所の建物です。



樽とタイル。絵はお酒を造るための葡萄の収穫です。


マンサニージャのボトルの絵タイル。
背景はよく見るとボトルラベルの草花が
1色でラインだけ描かれています。
そしてボトルの口の部分にも1色で草花のラインがあります。
こういう描き方もあるのだと勉強になります。
今度同じような絵付けをしてみたいです。


こちらは鮮やかなクエルダセカタイルです。


こちらは、多色のマヨルカタイルです。


バルにあった絵タイル。やはり樽が描かれています。

 

★サンルーカル・デ・バラメダの街並み


グアダルキビル川の河口には、魚介類が楽しめるレストランが並んでいます。


かわいい教会もありました。絵タイルが何枚か貼られています。

 


レストランにあった絵タイルです。
左の教会と、並んでいるレストランが描かれています。


こちらもレストランのタイル。


白い円形のベンチに青いタイルが映えます。

 

昔の氷製造所(FABRICA DE HIELO)。
白い壁に黄色のタイルが鮮やかでした。
クエルダセカタイルでしたが、
魚や人物は白のクエルダセカの上に
青のマヨルカで重ね塗りしていました。



クエンカタイルが貼られていた建物


お城もありました。


教会。上部にはタイルも貼られています。

 


広場です。お花が鮮やかでした。


サンルーカルで有名なお料理2つを食べました。
1つ目は Tortilla de camarones (トルティージャ・デ・カマロネス)。
スペインでトルティージャというと一般的には
ジャガイモ入りのスペインオムレツを指しますが
これはごらんの通り小エビのかき揚げです。
サクサクしていて日本人好みの味だと思います。
食べるのは2回目でした。

2つ目はずっと前から一度食べたかった
イソギンチャクのフライ(ortiguillas)です。
以前テレビで、美味しい美味しいと大絶賛して
食べているのをみたことがあります。
食べてみると、うーーーん・・・よくわからない味でした。
食感はやわらかく、ぐにょっとした感じ。
味もあまりない感じでした。
私は一度食べればもういいかなと思いました。


 

第5回「プルジェナとグラナダ」

プルジェナ

 アルハンブラ宮殿で有名なグラナダから東へ約50キロ、バスで約45分。人口約2,300人の村です。

 この村は良質の粘土が産出されるので陶器が有名で、道路際に陶器店が並んでいます。
 また、この周辺は山肌に穴を掘った横穴式住居の集落がたくさんあります。


プルジェナの道路脇に並んでいる陶器店。
坂の下からと坂の上から撮影。
坂の上からだと、背後の横穴式住居の煙突が見えます。

 

 

陶器店内部の写真。
グラナダといえばやはり青と緑のグラナダ焼きが有名です。
グラナダ市内で購入するより大分安く購入することができます。
あまりにもたくさんありすぎて目移りしてしまいます。




見学できる横穴式住居もありました(Cueva museo)。
住居内にもグラナダ焼きが飾られています。
家具ではなく、穴を掘って棚を作っているのが便利ですね。
右上の写真の茶色い水筒みたいなものは陶器でできていて、
昔の人は水やワインを入れていました。Cantimploraといいます。重そうですね。

 


purullenaと書かれたお皿。横穴式住居が描かれています。


門のタイル。華やかです。


スペイン広場のタイル


村の入り口にあったタイル。
村の地図というより、ざっくりとした村の様子が
描かれています。素朴な感じがいいですね。


道路わきの横穴式住居。


村の教会です。訪問した日は日曜日で、これから結婚式があるらしく正装した人がたくさんいました。
右は教会のタイルのアップです。


少し高台から撮影しました。
建物の後ろにごつごつした岩山がわかります。
岩山の方には横穴式住居がたくさんあります。


村のはずれから撮影。シェラネバダ山脈の雪が見えます。
とてもさわやかな景色でした。

 

グラナダ行きのバスを待つ間に、バルでコーラを注文しました。
コーラしか注文していないのに、約5分後に御覧のようにあつあつの鳥の揚げ物とパンとポテトフライが運ばれてきました。

忘れていましたが、グラナダ周辺は飲み物を注文するとタパス(おつまみ)がもれなくついてきます。但し料理は自分で選ぶことができません。

アルコール(ビールやワイン)を注文するとタパスがついてくると
思っていたのですが、まさかコーラでもつくとはびっくり。本当は
この日とても暑く歩き回ったので、もう1杯コーラを注文しようと
したのですが、タパスのことを考えてやめておきました。

 

★グラナダ

 なんと26年(四半世紀!)ぶりにグラナダを訪問しました。
 アルバイシン地区というのが、アルハンブラ宮殿の西側にあります。
 迷路の様な複雑な坂道が多く、私が昔行ったときには、治安が悪く危険なので絶対近づかないように言われていました。
 今では大きく変わり、観光客もかなり多くて昼間なら1人歩きも可能ということで、歩いてきました。

アルバイシン地区

 アルバイシン地区にあったタイルを紹介します。
 グラナダとは、ざくろを意味します。ですので、ざくろが描かれたタイルが多く見られました。



普通、通り名が書かれたタイルは横長の長方形ですが、
グラナダ周辺は上部が出っ張ったデザインになっています。


青一色の一般的なタイル

ざくろの部分が多色タイル


このように文章が書かれたものもありました。

これは少し変わっていて、ざくろの部分が立体的になっています。


グラナダでは珍しい横長長方形のタイル


緑のタイル



Carmen(カルメン)と書かれたタイルがあちこちにあります。
女性の一般的な名前ですが、カルメンさんがあちこちにいるのではありません。
カルメンとは、高い塀に囲まれて外からは見えませんが、
内側には中庭や、果物の木や花々、噴水などがある邸宅を指します。


  犬が描かれています。Carmen de los cazadoresとは、
狩猟家の家のこと。犬を使った狩猟をしているお家でしょうか?

緑のタイルのカルメン


立体的な多色のカルメン  


門の上に大きな陶器のざくろがありました


グラナダでは珍しいクエルダセカのざくろのタイル。
よく見ると大きなざくろの中に数字の6が描かれています。


グラナダでは珍しい、シンプルなマヨルカ青のざくろ

入り口や窓のアーチの上部に、クエルダセカの幾何学模様のタイルがありました。




ピンクが使われていて、現代風な色使いですね。


バルのタイル。
アルハンブラ宮殿が描かれています。


バルのマヨルカタイル


バルのコカ・コーラの看板。なんて素敵な看板なんでしょう。
フレームのアイアンもかわいらしく、円形で珍しいです。

家の扉の上にあったタイル。アラブ風です。


典型的なグラナダ焼きのデザインのタイル。
中央に文章が書かれています


立体的なキリストと聖母マリアが描かれたタイル。
聖母マリアの後ろにはアルハンブラ宮殿が描かれています。
もちろんざくろも描かれています。

 


フラメンコ関係の建物の入り口にあったタイル


グラナダ焼きの植木鉢


アイアンの扉までざくろ模様。
後ろの階段にクエンカタイルが見えます。


アルバイシン地区の街並み。とても雰囲気があります。


アルバイシン地区は坂だらけで、後ろを振り返ったら
澄み渡った空とアルハンブラ宮殿が見えました。

 

グラナダの街とホテル


街中のレストランのタイル。大きなグラナダ焼きのタイルです。


ホテルの階段のクエンカタイル


ホテルの食堂の青のタイル。
青一色で統一されてとても清涼感があります。


ホテルにグラナダ焼きの壺が飾られていました。



今回はアルハンブラ宮殿を見学する時間がありませんでした。
でもこのことは想定内で、行かれないからせめてと、アルハンブラ宮殿が見える部屋に宿泊しました。
時間とともに変化するアルハンブラを部屋から眺められ、とても嬉しかったです。


宿泊した部屋から見えたアルハンブラ宮殿。


窓を開けて撮影した写真


タイルグッズのお土産が充実していました。
左は手描きマヨルカが素敵な缶に入ったスペインの伝統的なお菓子。缶がほしいので購入しましたがお菓子もなかなか美味しかったです。

真ん中は、セビリアのタイルの写真が写った本のしおり。

右側の3冊のノートはタイルが表紙です。
上の2冊は、アルハンブラ宮殿のタイルで、1番下がグラナダ焼き。


陶器類のお土産写真。
左半分の緑色の5つが、ウベダというグラナダの北に位置する
陶器の街で購入したもの。緑の陶器が有名でアラブの影響を
受けています。透かし模様がとても素敵です。
前列左から2個めが水筒(Cantimplora)です。

前列中央のミニタイルは、オリーブの木が描かれています。
ウベダ周辺はオリーブ畑が広がっています。

右から2列目はプルジェナで購入したグラナダ焼き。
特に後ろの形のタイルが欲しかったのです。

後列1番右のお皿は、周りがクエルダセカオイルで
真ん中が青一色のマヨルカ。エシハの PALACIO DE PEÑAFLOR
(パラシオ デ ペニャフロール宮殿)が描かれています。

そして前列1番右の金色に輝いている小箱。
この金色に絵付けされている陶器類はとても高価で
購入するかどうか最後まで悩んだのですが、
悩んだ末に1番小さいものを購入しました。
本当は立体的な壺が欲しかったのですが、今回は断念しました。

コラム一覧に戻る

ページの頭に戻る

このサイト内の写真、文章の無断転載を禁じます。


スペインタイルアート工房HOME