スペインタイルアート工房HOME

valenciatusin
line

バレンシア教室のあるバレンシア、トレンテを中心にスペインらしい(?)
楽しい、時には真面目なごくごく身近な日常のニュースを隔月に一度お届けします。
遠く離れた皆様に少しでもバレンシアの温かい雰囲気を感じて頂けたら幸いです。

【2002年5・6月号】
3月の火祭りから先週までは花冷えで寒く雨の日が多かったのですが ようやく爽やかな夏日が続くようになったバレンシアです。BAR、カフェテリアでも外席が増え 夜9時10時頃まで夕涼みしながらおしゃべりしたり、散歩したりする光景が多く見られるようになりました。 今回、次回とバレンシア教室のあるトレンテの最新事情をご紹介致します。(バレンシア在住 柳川佳代)





バレンシア教室のある街
「TORRENT」(トレンテ)

トレンテからバスで10分程山を上ると、緑が溢れ静かでとても素敵な別荘地EL-VEDAT(エルベダット)に つきます。バレンシア教室はこの別荘地、エルベダットにあります。バレンシアでは別荘を持つ、というのは日本で考えるより特別な事でもなく、平日は都市で働きながら生活し、週末は家族でEL-VEDATの別荘で過ごす、というパターンが珍しい事ではありません。
EL-VEDAT(エルベダット)の下にはトレンテというとても庶民的な街が広がっています。 商店、スーパー、交通機関、BAR、カフェテリア…等大変充実しておりスペインの庶民の生活が体験できます。バレンシア教室に訪れる方は必ずこの街にお世話になるはず!でも、最近ではこの一見素朴な、生活が静かに流れているトレンテも急速に街が拡張、発展し続けています。最近では初のコンビニ、回転寿司までオープンしました!今回、次回と2回にわたり変わり行くトレンテの今日事情も含め、オススメ場所、役立つ情報等ご紹介したいと思います。
今まではバレンシア~トレンテ~エルベダット間を巡回する「CVT」という黄色いバスのみが運行していましたが、この冬よりトレンテ市内のみ巡回するその名もTORRENT BUS(トレンテバス)が運行を開始しました。 この事からもトレンテ市内が広がっているという事情がおわかりいただけると思います。

bus.jpg
parada.jpg 「バス」
このバスはトレンテ市が市民の為にという事で運行を始めた市民バス。 年金生活者、身体障害者、学生は無料でこのバスを利用できます。料金はBONO(ボノ)という10回分の回数券が4euro(約\460)です。このバスはトレンテの隅々まで巡回し6:30~22:30、15分毎に運行。例えば、地下鉄トレンテ駅からエルベダットのバレンシア教室に行く場合、LINEA2(2番線)だったらトレンテ駅近くのSATS PATRONSから乗車、LAS AMERICASで下車。このLAS AMERICASはバレンシア教室から最も近いショッピングセンターで、スーパーや日曜日にでも開いている文房具店があり便利です。またLINEA3(3番線)の場合、大通り面した市役所隣のバス停PARC MORALETSから乗車、これもまたLAS AMERICASで下車または、PAVELLOがバレンシア教室最寄のバス停です。このバスは巡回中細かい間隔でバス停があるので万が一乗り越しても大丈夫。黄色いCVTバスはバレンシア市内より運行している中距離バス。行き先毎に料金が変わるので乗車時に行き先を告げ(エルベダット、トレンテ、バレンシア等)料金を払います。この方が最も教室に近いバス停まで行きますが、トレンテバスの方が運行数が多いのでチャレンジしてもいいでしょう。但し!細かい間隔でバス停がありますが、行き先により停まらないバス停もあるので乗車前に確認を忘れずに。 トレンテバス路線図、各時刻表等掲載しました。ご参考にしてください。
トレンテバス路線図

トレンテでは近辺の山を開きマンション群の建設工事があちこちに見られます。またトレンテ駅もエルベダット方向に地下鉄駅が延び、住宅地としての開発が日々進んでいます。不動産の値段もこの2年で約75%も上昇、また建築ラッシュの中、手抜き工事問題など発生し10年前の日本のバブル期を彷佛させます。ちなみに新築マンションの場合120202euro(約¥2000万)前後。浴室2つ、居間、台所、部屋3~4つが平均的な大きさです。日本のマンションよりやや大きめでしょうか? 住宅の開発とともに、公園、噴水…等緑のスペースの開発も同時に進み、トレンテ市民の憩いの場所が増加中。前にもお話したと思いますがバレンシア人はお散歩大好き。まさにこの時期から夏にかけ午前中、夕方と 外には散歩を楽しむ人々、お茶をしながらおしゃべりに夢中になる人々等でとても賑やかです。写真は大通りでの散歩風景です。ベビーカーに乗った赤ちゃんからお年寄りまでトレンテ市民が集っています。また日曜日には少しお洒落して散歩をするという習慣もあり、見ればなる程!ワンピース着せられた子供達や今日は特別にお化粧した年配の方等みかけます。
ここでは2件のオススメカフェを紹介します。バレンシアに来た際は長いバレンシアの夜をトレンテのカフェテリアで楽しんでみてはいかがですか?
avenida.jpg
gaudi.jpg カフェテリア「GAUDI」
その名の通り、スペインを代表する偉大な建築家ガウディのグエル公園風。トレンテNO.1のお洒落なカフェです。 黄色のモザイクタイルで演出されたスペインらしい明るいお店で店内には本物のグエル公園にもあるモザイクタイルのトカゲもあり、なかなかニクイ演出。BAR風軽食からおやつ類、アルコールまで揃っています。 かわいい店内もいいけどこの時期はやっぱり外でのお茶がオススメ。店前には公園が広がり 家族で、恋人で…いつも外席は賑わっています。ここでのオススメメニューは夏なら、GRANZADO DE LIMON(スペイン風かき氷レモン味)。
場所:PADRE MENDEZ通り沿いPLAZA PEDRO(PEDRO広場)内 ※地図参照
トレンテ★オススメ地図
カフェテリア「EL MOLI」
トレンテの大通り沿いにあるカフェテリア「EL MOLI」。風車のマークが目印。 青、黄色をメインとした爽やかな雰囲気のお店です。ここでもBAR風軽食からおやつ類がありますが、 ここではHELADO(アイスクリーム)がオススメ。バラエティに富んだアイスが揃っていて毎日 違う味を試したくなります。私のオススメはバナナスピリット。 バナナとチョコレートとのハーモニーが最高です。
場所:PAIS VALENCIA大通り沿いLA ELIANA通りがぶつかった角 ※地図参照
トレンテ★オススメ地図
moli.jpg
pollo.jpg

スペインお惣菜屋
「POLACIO DEL POLLO ASADO」

週末のランチには鶏の丸焼き(POLLO ASADO)をよく食べるバレンシア人。トレンテにもいくつか鶏丸焼き&お惣菜屋さんがありますが、特に「POLA CIO DEL POLLO ASADO」はオススメ。鶏の丸焼きもグルグル回りその匂いのいいこと…。このお店ではスペイン家庭料理パエリア、パスタのパエリア、魚介類の煮物…等スペインのおふくろの味も少量から経済的な値段で買えます。昼食時にはいつも満員なので 店内にある整理番号を引いて順番を待ちましょう。カフェテリア「EL MOLI」と同じ通り沿いにあります。
場所:PAIS VALENCIA大通り沿いAZORIN通りがぶつかった角にある小さい遊園地隣 ※地図参照
トレンテ★オススメ地図

次回につづく=次回は日本食レストラン、CVTバス…等をご紹介。お楽しみに!=


コラム一覧に戻る

ページの頭に戻る

このサイト内の写真、文章の無断転載を禁じます。


スペインタイルアート工房HOME